4

愛称:あおちゃん
レビュアー名:あおブルー02
職業:無職→会社員
誕生日:7月29日(しし座)
年齢:29歳
身長:163センチ
血液型:O型
胸:Fカップ
一人称:わたし
ヒロインの呼称:奥平さん、唯為理ちゃん
家族:父、母、弟
好きなこと:漫画を読むこと、車の運転、漫画レビューを書くこと、リアルガチャ
苦手なこと:料理(スクランブルエッグしか作れない)、歌うこと(『何を歌っているのかわからない』と言われる)
昔の夢:変身ヒロインになること

人物:
まぁまぁハイスペックのはずなのに、いつもなんだかうまくいかず、
どうしても自分自身を愛せない、生きづらい系アラサーお姉さん。

基本的には明るく親切でよく笑い、
自分では自分のことを『普通の人』だと思っている。

しかし、実際はまったく普通ではなく、自分に対する理想が高すぎるせいで
自分に厳しく、自虐・自罰・自己批判が癖になっている。
これによって他者は相対的に美化されており、
結果、憧れの人が多すぎるタイプ。

性格は心優しく正義感が強く、困っている人を放っておけない。
だが、裏を返せばとにかく理不尽なことが許せず、
不当な扱いを受けている人を見ると黙っていられず、うっかり口を出してしまう。
母親には『初めて絵本を読んであげた頃からそんな感じだった』
と言われている。
……悲しい結末、あんまりな結末を見ては怒り狂っていたそうです。

そのため、情が深く繊細といえるが、
無関係の物事にも感情移入しすぎて、
無関係なのに怒ったり傷ついたりするという、
典型的な、共感性疲労で自分も周りもぐったりするタイプ。


弟には『ニュースを見るだけでメンタル死ぬんだからできるだけほんわかしたものを見ろ』
と言われており、実家での食事時には、
TVは無害な番組のみが流れるようになっている。
……真に優しいのは弟のような気がします。

そして父親には『女性で、武道の心得がある訳でもないんだから、
危険、かつ無関係なことに関わるのはやめようね』
とたしなめられている。
……もう何も反論できない……。


それでも唯為理に出会う少し前までは、
このように優しい家族に見守られながら地方都市で暮らし、
実家暮らしの、のんきなOLライフを送っていた。

だが、そんなある日、職場でトラブルが発生。
当然のごとく友人を庇うが、日和った友人にはあっさり裏切られ、
最終的に自分だけが居場所をなくして退職することになってしまった。


これによって、人生の冬休み状態になり、
再就職活動開始までしばらく、
仲良しの祖父母の家にしばらく遊びに行くことにする。
家族運はとても良かった。

そんな冬のある日、買い物に行く途中で、
道端でなぜか怯えている唯為理を発見。
思わず助ける。

これがきっかけで唯為理に熱烈に慕われ、
友人と呼ぶにはいろいろ不自然な関係になっていく。


だが、唯為理のことを可愛く思いつつも
自己評価の低さが弊害となり
『真に受けてはいけない』
『調子に乗って距離を近づけすぎてはいけない』と必死にブレーキをかけていた。

そんなある日、唯為理の事情を知ってしまい……。
それでも強く惹かれて行く。


かつての夢は当然『正義の変身ヒロイン』。
特に好きな作品とキャラクターがおり、
今年、放送二十五周年記念でグッズが再び売られるようになってからは
見かけるとつい手に取ってしまう。

でも、もう、ある日突然現れた謎のマスコットキャラが
自分に変身アイテムを授けてくれることもなければ、
己の理想である、推しヒロインのような人物にはなれないことを理解している。

だからもう、自分の手の届く範囲だけのことを頑張って、
できるだけ他人に迷惑をかけないよう、慎ましく生きようとしていたのだが……。


唯為理と出会った冬の日は、すっぴんで髪の毛も適当な上、
祖母にめちゃくちゃに着込まされ、ものすごく変な格好をしていた。
そんな自分さえ気に入ったらしい唯為理に、実際は即落ちでほだされており、
気持ちにブレーキをかけるのも無意味なほど恋している。