こんばんは。
新條にいなです。

本日はいつもと趣向を変えて、音声作品の感想記事になります。

 
なぜならばそれはわたしがお仕事させていただいている
あまとろスイーツ」の代表であり
声優の御崎ひよりさんが出演される
 
「 【不健全はみがき】道草屋 すずしろ-はなびの日【ゆっくり按摩】」 

が9月上旬に発売されたからです!


わたしは元々感想を書くのが好きで、
これまでも親交のある方へ
個人的に感想をお送りすることはあったのですが、
今回はちょっと長くなりそうですし、
単独記事としてブログに書いてみました。

ちょっと力が入りすぎて、
発売からご用意までお時間いただいてしまいましたが、
いち御崎さんファンの文章としてお読みいただけますと幸いです。


ちなみに

【聴いた人はこんなかんじ】

・「道草屋」初来店
・20代女性
・あまりどういうことをするお店なのかよくわかっていないままやってきたスーパー素人
・虫の鳴く声がメッチャ好き


という感じです。
本編では聞き手はすでに何度か訪れているという設定ですが、
女性かつ道草屋初心者の視点で聞くというのは
ちょっと珍しいかな、と思いますので、
その点ご容赦の上お読みいただければ幸いです~。
イメージ画像はこうだ。

【0922】花火の写真


7月末に小樽に行った時の写真!


ちなみに9月19日の夜はTwitter
「花火大会」を実況して聞いたりもしました。
はなび きれいだった(わたしの目には見えている!)


「歯磨きとマッサージ」以降はさすがにはずかしかったので
一人で聴いたのを書いています。

こちらは実際に自分で歯磨きしながら
聴いてみようかなとも思ったけど
現実に聞こえてくる歯磨き音があんまりうるさいので
磨き終えてから聞きました……。

では行きます。


①花火大会

のんびり過ごせて、とってもノスタルジー……。

会話内容がとても自然で、実際のことのようにリアルで、
本当にしろちゃんと一緒に過ごしているようですね。

お楽しみ券の話は、自分が通っていた小学校にも
似たような制度があったので思い出して郷愁に浸れましたし、
お話を聞きながら、ああ、たこ焼き食べたいな。
苺飴好きだったなあ、わたし。
お祭り行きたいなあ……。
と思ったりして。

本当に2人で雑談しながら花火を眺めているような
気分で聞きました。


環境音がとてもきれいなので、しろちゃんがお話していない瞬間、
沈黙も心地よく感じられます。

花火大会の最後に来る、ぱらぱらぱら……という花火の音。
手持ち花火を水に入れた時の音。
いつかの光景を思い出すようでもあるし、
今まさに体験しているようでもあるし。
ああ、すばらしいです……。


今年の夏は手持ち花火ができなかったので、
線香花火のシーンは、
聞きながら実際に体験できた気持ちになりました。
夏の思い出が増えた気持ち……。うれしいですね。

そして、全編で流れる虫の鳴く声。
これが本当に良かったです。
わたしは家から森林公園が近く、一年通じて散歩に訪れる過程で
いつも虫の鳴く声を聞いているのですが、

「そうそう! これだよ! 
この音……ずっとこのまま聞いていたい……」

という気持ちでうっとりしました。

良い音声作品というのは、
もはや「作品」の枠を超えて
「体験」を与えてくれるのものなのですね。

大変な音響へのこだわりと、台本の自然な言葉運びで
一緒にいるしろちゃんというキャラクターを、
本当に生きている女性のように感じ、
とても良い時間を過ごせました。


②歯磨きとマッサージ

そしてやってきた翌日。

昨日一緒に花火して、すっかり打ち解けた気分の
お客さま:わたし。
もう友達ができたような気分になっております。

そして昨夜の寝落ちを指摘され、
歯磨きをしてもらうお客さま:わたし。


実際に寝そべって目を閉じて聞きながら、
歯磨きの音ってこんなに心地よかったっけ?
と思いました。

この作品を聞いていると、
自分は普段日常生活を送る中で聞いていた音を
こんなに好きで、大切に想っていたんだなというのに気づきました。
きっとどの音もとてもリズミカルに、
心地よく聞こえるように作られているのでしょうね。
聴いた後は、歯磨きがもっと好きになるような気がしますね。


そしてここからが

「!?」

でした。

わたしは先ほど言いました。
良い音声作品というのは、
もはや「作品」ではなく「体験」を与えてくれるものなのですね……と。

そしてわたしはすっかりこの作品を現実のように感じ
同性と一緒に過ごしている気分でだらけきり、
作品の推奨年齢を忘れている。
つまり……。


その……とても良かったです……。
歯磨きからしばらくした後、
よろよろと赤い顔で顔洗いに出てくるわたしの図だけを
想像していただければ……。

あの「……ダメなんですよ……?」
が耳から離れません。


心地よい「花火大会」の中で、
これは「音声鑑賞」ではなく「体験」だ。
とすでに思ってしまったのがより、来ました。

「花火大会」で実在の人と過ごしているような
感覚に陥ったからこそ、どん、と押されて、
夜にふわーっと落ちていくような衝撃がありました。
本当に推奨年齢を忘れていました。
割と本当に寝る気だった。
すごくドキドキしました……。


男性向けという作品の性質上、
わたしのような女性が聴くというパターンは
どうしても少数ではあると思いますが、

あくまで漠然とした表現にとどまっているのと、
これまでののんびりと、しろちゃんとの関係を構築した
空気感の後にくるという構成で、
女性も充分ドキドキしちゃうと思います。


個人的には未知の体験でした。
でも暖かく、心地よい、本当に良い思い出と言った感じで。
思い出すとほわ~と胸が暖かくなるような……。

ああ、こんなことを言うとまたビンタされそう。

とにかく女性もぜひ(仲間を増やしたがっている)!
関心のある方はぜひ!


③おやすみマッサージ

最後はおやすみマッサージです。
ここまでにきっとわたしも一度顔を洗っている。
あまりにぽーっとなってしまって、ぼんやり聞いていました。

ロミロミマッサージというのはハワイのマッサージなのですね。
全身しっかりマッサージしてもらえる感じで、
足とかやってほしいな~。
多分泊まりに来るまでにスゴイ歩いてるからむくんじゃってるよ。

といった感じで、次第に落ち着いてリアルに想像しながら聴きました。
ここだけ別々に、寝る前に聞くのも良さそうです。
とか言いながら毎回花火大会から聞いてそう……。
次はたこ焼き買ってから聴こう……。


といった感じで、2時間以上分
たっぷり楽しませていただきました。

本当はもうちょっと真面目で硬い感じに書きたかったのですが、
すっかり感想になってしまいました。

でも、旅行の思い出を文章にするときって、
真面目で硬く……ってならないですよね。
楽しければ楽しいほど、
ゆるゆると口語的になっていきますよね。
つまりはそういうことなのだと思います。


そして、内容に没頭しすぎて、
御崎ひよりさんの出演作であるということも
すっかり忘れておりました。


御崎さんとは彼女が御崎ひより名義で
活動開始された直後に知り合い、
「すごい実力派だ! この人は絶対スゴイ!」
と思っていたのですが、

「まさかこんなにすぐこのような大役に抜擢されるとは」
と、本作への出演が発表されたときは大変驚いたような、
「やっぱりね!」
と思ったような。
とにかく一ファンとして大変うれしい気持ちで
聞かせていただきました。

ひよりさんは全編通じて大変自然な演技と心地よい声で、
普段一緒にお仕事させていただいている方だというのは
完全に忘れていました。
忘れていなかったら「!?」とはならない。
あの時完全に蚊帳の中でスマホとかいじりながら
だらだらしていたわたしがいましたよ。
次回作が本当に楽しみです。


その間は他の作品も積極的に聞きたいような、
当面はこの作品だけをじっくりと大切にしたいような……。
本当に夏の素敵な思い出が体感できる作品だと思います。
とても良かったです。

大ヒットシリーズなのでみなさん
「もう買ったよ。むしろあなた遅いよ」
と言った感じではあると思いますが、
もしもまだ体験していない方がいらっしゃれば、
強くお勧めしたいと思います。

今度は冬も一緒に過ごしたいです。
続編が楽しみ!


それでは、新條にいなでした~。